繰り返しです・・・。 
繰り返すと判っていましたが、
またまたテンが膀胱炎になりました

覚書です。

Image_deaa5d8_convert_20171112135353.jpg

前回の膀胱炎は10月24日。
お薬終わり診察が10月31日

昨日、11日朝、おしっこが臭う。
トイレの失敗無し。
お昼、おしっこの間隔が短く、うっすらピンク・・・。かな~って思ってたら、
五分もしないうちに、赤血球間違いなしのおしっこが・・・
このときは、おしっこの独特の臭いは感じませんでした。

お薬10日分(朝晩一錠づつ)を頂き、直ぐに飲ませました。
昨日の今日、もう落ち着いた感じですが、もちろん、10日間しっかり飲ませます。

今度、おしっこを膀胱に満タンにして病院へ行き、
エコーで、結石、腫瘍の確認します。


Image_93d251a_convert_20171112141654.jpg

スポンサーサイト
膀胱炎と馬尾症候群 
テンは膀胱炎を繰り返します。
夏場は、暖かかったからなのか、頻繁ではなかったのですが、
モモの診察の時、ついでに検査してもらったら、尿に細菌が混じってました。
そして、先週も膀胱炎にかかり、お薬10日間飲み、治りました。

ちなみに、テンが膀胱炎になると、トイレを失敗するので、ひどくなる前に
分かるようになりました。それと、おしっこの臭いがきつくなります。

そんな中、先生が色々と調べてくださり、
テンの場合、バビ症候群と関連が考えられるとの事でした。
(テンの症状のブログ→☆彡
レントゲンしか撮ってないのですが、腰の骨が先天的につぶれてる(先生の表現)との事。
そのために、足の神経が圧迫されて、歩き方座り方がおかしかったり、尻餅をついたりします。
その密集してしまってる腰(尾?)骨の神経の中に、膀胱をつかさどる神経も通っていて、
圧迫されていることによって、膀胱の動きがうまく連携取れてない為に、
膀胱炎になりがちで、そういうワンコの症例が多くみられるとの事でした。
馬尾症候群の症状の中に、おしっこのコントロールが出来なくなるとあるのですが
膀胱炎は、その前兆というか、過程なのかもしれません

Image_d64833a_convert_20171107194521.jpg


また、すぐに膀胱炎になるかもしれませんが、頑張れテンちゃん。
晴れ 
久しぶりの休日の晴れの日。
公園へ

171103_092515_convert_20171103150448.jpg

モモはどんぐり拾い
テンはボール遊び

ガチャガチャ大変で、正面からの写真がブレブレで無し・・・

モモテンは、とっても満足してくれたみたいで良かった
ガス暖房 
寒いのが苦手な私。

ガス暖房、今日出しました~。


20171018_convert_20171018153509.jpg

モモテンまっしぐら
放しまテン 
朝、ミックスジュースを作ります(人間用)。
ヨーグルトとリンゴは、ほぼほぼ毎日入れます。

その時、うっすらヨーグルトの残ったヨーグルトのカップに、
リンゴを刻んで入れて、
モモテンに食後のオヤツとしてあげてます


中身が無くなると、
容器をむさぼります

Image_334b5a3_convert_20170930172339.jpg

テンは細かくちぎります・・・
Image_37a88f8_convert_20170930172315.jpg

テンの幸せな時間と思い、ちょっとの時間、やらせてます。

が、

そのままお散歩に行くときは、
咥えていきます

Image_ddc450f_convert_20170930172238.jpg

もちろん、ごみを咥えているので恥ずかしいのですが、
絶対に放しまテン