スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年 
相変わらず寝てる写真ですが・・・。

モモは、年末年始鳥取のお泊りで疲れが出たのか、
大阪に帰ってきてから、蕁麻疹が…。
毎日ステロイドを飲ませているので、少し多めにステロイドを飲ませて
ようやく落ち着いてきました。
Image_13efda3_convert_20170106070637.jpg
年末に獣医さんに診ていただき、リンパの腫れは大きくなってないとの事。
今年も頑張れ~~~。



テンは、年末に膀胱炎がすっかり良くなり、ひと安心~~って思ったのもつかの間、
年末からちょっと後ろ左足の調子が微妙。
表現が難しいのですが、
左の後ろ足が、前に突き出す感じで固まるのですよね…。
尻餅ついてしまうのですが、30秒くらいで治ります。
これが、二日に一度くらいのペースであります
Image_2b75d8a_convert_20170106070559.jpg
サプリメント(コセクイン)を飲ませる前は、一日に何度も尻餅をついていたのですが、
サプリメントを飲ませるようになってから、一度も尻餅つかなくなり、喜んでいたのですが。
頑張れ~~~テンちゃん。

年末の体重
モモ、7.8キロ
テン、9.1キロ
モモは、良い感じですが、テンは、足(腰?)の事を考えると
もう2~300グラム減らした方がいいとの事。
ご飯大好きモモテンなので、切ない所ですが、
ダイエット頑張らねば。

今年も宜しく願いします。
スポンサーサイト
サプリ 
テンの足というか、腰の調子は、微妙でした。
ちょっと歩いただけで、尻餅をついてしまいます。
161013_085057_convert_20161026123318.jpg

右足だったり、左足だったり。
ピーンと張ったように動かなくなるというか、固まるというか。

抱っこしてあげると、ゆーっくりピーンと張った足が
ダラ~ンとなり、すぐに治ります。

自力でも、必死に動かそうとし、直します。

痛がりません。

先天的に、腰の骨の異常?っぽい。
病名というか症状として、馬尾症候群。

そんなテンに、関節に良いとされる、サプリ
コセクインDS(アマゾン)を病院で買い飲ませてみました。

そもそも、あまりサプリって信じてない私。
でも、何か試してみようと、先生に相談して病院に置いてあったものを
試してみました。

嘘のような、本当の話。
次の日から、劇的に良くなりました。

歩き方は、やはり独特ではありますが、
尻餅をつく回数が、劇的に減りました。
1日に何度も尻餅ついていたのが、1~2度あるか無いかくらい。

半錠を朝晩上げて、5日間。
調子いいまま。
無くなったので、買わずにそのままにしていたら、
やはり、また、尻餅をつくように。
で、また、上げだしたら調子がとてもいい~~。
サプリって、そんな劇的に効くものではないのに…。
逆に、信じられないと思う、今日この頃。
でも、調子はいいので、
アマゾンで、ボトルで買って、上げてます。


ついでにサプリをゲットのモモちゃん。
161009_071404.jpg
オヤツが増えて、ラッキー
省エネ 
モモのお薬をもらいに病院へ

160928_092111_convert_20160928165915_convert_20160928170022.jpg
モモ7.80㎏
テン9.15㎏(目標8.85キロ)

モモの方が食事量、気持ち多めに上げています。
オヤツも、モモの方が多めです。

それでも、テンが痩せないのは運動量が少ないからなんですよね。。

お散歩は、モモはグイグイ歩く感じ。
テンは、昔からノタノタ。良い風に言えば、リーダーウォーク。

家では、モモは私に付きまとい、ウロウロ歩いている。
テンは、昔からほぼほぼ寝ていて、耳だけ動かしている、または無反応。
ボールで遊ぶと動くけど、すぐに終了。
(モモは、エンドレス)

ご飯だよ~~って声をかけると、
モモは、はしゃぎまわって、クルクルジャンプ、クルクルジャンプと
とにかく体全体で喜びまくる。
テンは、直ぐにフードボールの前に行きお座りして待つ。

省エネ過ぎる。

モモの話になりますが、モモは、上記に書いたように元気いっぱいです。
前庭神経炎の前の状態に、戻りました。
というか、さらに二歳くらい若返ったような元気はつらつぶりです。

嬉しいような、逆に心配なような・・・。

続きを読む »

治療の選択 
ざ~~っと、モモのリンパ腫になってからの経過を
ブログにアップしていきました。

分かりづらい所がいっぱいだったと思いますが、
覚書として、書き進めていきますね。

そして、現在。
ステロイドと
抗生物質を毎晩飲ませているので、前庭神経炎の再発は今のところ、無し。

が、
モモの右側の首のリンパが腫れてきました。
大きさを表現するのは、難しいのですが、

元は、大きくない見てもわからない位の腫れ。
でも、最近は、ふっくら盛り上がってるのがわかるようになってきました。
パチンコ玉位?でしょうか。

IMG_3846_convert_20160927200709.jpg



モモの診断は、
多中心型で高分化型リンパ腫。。

抗がん剤をしなかった理由は、
①抗がん剤は、副作用が強く可哀想という、思い。

(先生の提示していただいた抗がん剤は、ほとんど副作用が無く
高分化が低分化に移行しないように飲ませる抗がん剤、とのことでした)

②多中心型の高分化リンパ腫は、比較的進行が遅く、
『モモの寿命が先に来るのか、リンパ腫で無くなるのが先になるのか?
それくらいの進行度と思います』
と、先生に言われたから。
(胸に突き刺さる言葉ですが、その時は、いい方に受け止めることが出来ました)

③肌が弱い子は、反応性リンパ節の可能性もあるかも
という、思い。
(組織所見用紙に、反応性リンパ節の可能性も否定はできないが、リンパ腫が形成されている
可能性は高いと書いてありました。
否定できないと言う部分を、私たち夫婦は肯定ととりました)


いろんな選択肢があるとは思います。

絶対大丈夫。
絶対後悔しない。

絶対なんて、無いと思います。

でも、
悩んで、悩んで決めた事を忘れないために、覚書として
ブログ再開しました。
舌が右側に垂れる 
六月、
前庭神経炎になってから3週間、ステロイドを辞め、抗生物質を飲ませていました。
その間、歩くのはヨタヨタ。
顔が右に傾いていて、真っすぐに歩けない。
そのため、よくコケる?倒れる?
眼振も、まだありました。
食事も、ゆっくりしか食べれず、残したりする。

獣医さん曰く、徐々に治るけど、眼振や、傾きが残ってしまうわんこも居るとのこと。

三週間が過ぎ、食事が7割くらい取れるようになり、
ステロイドを始めることに。
ステロイドの量は減らし、抗生物質を同時に飲ませることに。
様子を見ながら、量の調整をするとのこと。

症状は、本当にゆっくり、ゆっくり、現在にかけ、
眼振、食事、歩き方、顔の傾きの順で
元のモモに戻ってきました。
最近、ちょっと高めの椅子にもジャンプして乗れるようになったので、
嬉しかった~~~。

今現在、舌が右側に垂れてます
Image_268f71a_convert_20160923225446.jpg
テンは、常に舌が出てます
Image_a0c7f38_convert_20160923225519.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。