スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耳*その③ 
火曜日夜、モモの右耳が垂れてしまいました。
耳3


27日水曜日、

電話で確認すると、パンパンに溜まっていたら
早めに抜いたほうがいいとの事で病院へ



血はパンパンに溜まっていない。
(便宜上、血、と書いてますが、純粋な血ではないです)
量も少なくなってきた。(3ml弱)
色が薄くなってきた。

垂れたのは、血が溜まっているところが、上に上がってきた。
モモが気持ち悪くて、顔を振ったり、耳を掻いたりして
上に上がってきたのでは?
との事。

ちなみにモモは、右耳を触られるのを嫌がり、
自分自身、痒そうに触ったりゴロゴロして耳を床に押し付けたり
顔を何度も振ったりしていました。



すっきりご帰還~。

耳333
耳の違和感ないみたいです。


耳も立ちました。28日木曜日撮影。
耳33
でも、かなり波うってます。

右耳の向かって右側が、内側に向かってうねってます。
耳3r


左耳は何もしてないのですが、ふくらみがしぼみつつあります。
耳3l

耳の変形は残ると思いますが、モモの負担を考えて最小限の治療を選びました。
ステロイドは、飲み続けてます。
量を少なくしてもらって、一か月続けて飲んでも大丈夫。
六か月となると負担はかかると言われました。

それよりなにより。
また、体重減少…。
モモ 7.80㌔
テン 8.90㌔
2ブヒとも減っているので
運動量と食事量の関係でしょうとの事。
もう少しというか、結構増やさねばと心に誓いました。

とりあえずの傾向として、冬は運動量が増えるのでやせ気味に。
夏は運動量が減るので太り気味に…。
食事量で調整しましょうとの事。でした。



テンは、むっちりしてるように見えるけど…。
耳3t
ごめんね。
スポンサーサイト
耳血腫その② 
耳血腫には色々治療があるみたいですが、
我が家は、
週一で、耳に溜まった血を抜いてもらい、
毎日、ステロイド(軽め)を飲ませることにしました。

右耳、二回目、抜いてもらったのですが、
前回よりも少な目です。3ml位。
左耳は、何もしていないのですが、
ちょっとふくらみが無くなりつつあります。



モモ(白っぽい方)耳の内側が波うってます。

耳2

血を抜いてもらって3日目くらいで、徐々に血が溜まってきます。

耳22



そういえば、もう一つ気になることが…。

モモ 8.05㌔
テン 9.15㌔

でした。

12月は M8.60㌔とT9.25㌔

モモが激やせ??

心当たりは・・・。
運動量が増えたから??
耳222
ってか、ご飯の量かなぁ。
減らしてないはずなんだけど…。

快食・快便なら良いですよと言われましたが、
ちょっと増やしてあげなきゃと思う、今日この頃です。
耳血腫 
モモが耳血腫になりました。

耳血腫とは、(petwellより)
耳介(じかい:軟骨と皮膚で形成されたいわゆる耳の部分)に分泌液や血液がたまることで、
耳が膨らんだ状態になります。
耳血腫は様々な要因があると考えられていますが、
明確な原因は分かっていません。耳ダニ感染症や外耳炎、
アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどによって耳にかゆみや痛みが生じて、
耳をかいたり頭を強く振ったりすることで血管が破れ、発症することがあります。
しかし、耳の病気が特にない場合でも発症することがあります。
また、耳を強くぶつけて打撲したり、ほかの犬に咬まれたりしたときにも起こります。
また、確かではありませんが、自己免疫性疾患によっても起こるといわれています。



モモが、耳血腫かな?と思ったのは、去年の10月ごろ。
耳血腫2012・11
2012年11月の写真ですが、左側の耳が少し赤みを帯びて膨れてきてます。

獣医さんにすぐに相談しましたが、様子を見ましょうとの事。
外耳炎等無いので、治療もない。

モモの耳はとてもきれいで、ほとんど耳掃除しなくても綺麗。
体を掻く事はあっても耳を執拗に掻くことはほとんどない。

ので、体質かなぁ。との事。

が、ちょっとづつ左耳が膨らんできたなぁって思っていたら、

金曜日の朝、右耳がぷっくら膨れ上がってしまいました。

普通にしていても、右耳が垂れ下がっていて、左もふっくら。
耳血腫RL
↓右耳アップ。
耳血腫R
↓左耳アップ。
耳血腫L


特に痛がる事もかゆがる事もありませんでした。

ただ、歩くたびに垂れ下がる耳に違和感を感じて、顔を振って直そうとしてました。

病院に行って、血を抜いてもらう事に。

注射で抜いてもらう事になったのですが、
とても痛くて暴れて採れない事もある。
麻酔をして抜くことになるかも。麻酔もたいがい痛いので
どちらの選択も痛みは同じ。
無理して抜くことも無いかも・・・。
血を抜かなくても、特に問題は無い。
血を抜いても、次の日にまた溜まるワンコもいる。
一回の採取で治るワンコもいる。
何度か抜いて治るワンコもいる。
何度抜いてもすぐにたまるワンコもいる。

等、説明がありました。

とりあえず、モモは、秘儀がありまして、
フードを一粒づつ食べさせながら治療をすると
フードに夢中になり、暴れることなく治療が終わるのです。
今回も、秘儀を使い、難なく血を抜くことが出来ました。

治療は、右耳のみ。左はひどくないので、経過観察。
耳血腫Ra
耳血腫Ra2

一週間、抗生剤と軽いステロイドの飲み薬を飲ませます。


一日明けて、土曜日の今日。
ちょっぴり膨らんできたかも・・・。

自己免疫疾患による突発性血小板減少症から耳血腫を起こす例などもある
との事。
繰り返すようだったらそういう検査もしてみようかなぁ。
と思う今日この頃です。


ちなみに・・・。
私の行ってるかかりつけの動物病院は、
最低限?の検査や治療しかしない病院という印象です。
なので、治療の進め方も緩やかかもしれません。
洗濯 
定期的に、モモ*テンのベッドを洗濯します。
お遊びl

手作りのベッドですが、よく使ってくれてます。



なので、乾くまで、予備の大き目のベッドを、おいてみました。


モモが先に寝てたのに、
テンが乱入。

洗濯1



チャッカリテンは、チャッカリ寝て・・・。
洗濯2


チャッカリ横取り成功・・・。
洗濯3



おしまい。
ロボットのトラップ 
ロボット掃除機すまちゃんはとっても働き者です。

毎日頑張ってもらってるのですが文句ひとつ言いません。

んがぁ~。

やはり、すべてにおいて絶賛ってわけでもないのです。


我が家は、お散歩中に働いてもらう事が多いのですが、
お散歩から帰ってくると、何やらおしゃべりをしてます・・・・。


♪ピロリロリン♪   左側の車輪をチェックしてください


トラップb
左車輪にブランケットが巻き込んでしまい動けない状態。


トラップC
棚の下の空間の高さがすまちゃんと同じ過ぎて、挟まってしまった状態


トラップn
ケージの下のトレーの微妙な高さに乗り上げてしまった状態


ほとんどの場合は、回避できるのですが、角度がドンピシャになった時に
動けなくなってしまうようです。


赤外線でロボットが来ないように出来るものもあるのですが、
入り組んだ部屋の中・・・。
あちこちにセットするのが面倒なので、私は使ってません。


そんな感じで、途中で終わってしまう事もあるのですが、
それはそれで良しとして、終わらせてます。

明日頑張ってね♪って感じです。

直角のコーナーとかはあまり掃除が得意ではないかなぁ。

で、たまに、ダイソンで掃除するのですが、
日々のすまちゃんの掃除のおかげであまり毛やほこりは取れない。

ってことは、すまちゃんは頑張ってると評価していいかなぁ。


モモテンが居る時に動かすと、
モモテンが、一番のトラップかも~。

トラップm


すまちゃんのおすすめポイントは、
ルンバよりも、静かだったような…。(購入時お店でのデモにて)
モーター音が小さいから、テンが興奮しないのかも???
と思ってます。
トラップt

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。