スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コルクマットその後。 
コルクマットの我が家の考察です。

モモテンの足が滑らないように、我が家の廊下とリビングには、
タイルカーペットを敷き詰めていました。

が、去年から、床暖房が効く所以外は、コルクマットに切り替えました。
タイルカーペットは、使っている間に、臭いがどうしても取れなくなってきたからです。
コルクマットだと、軽くて、洗うのも簡単ですし、何より、臭いが付きにくそうだと思い、
切り替えてみました。

前回の記事

ちなみに、モモは、トイレの失敗はZEROなのですが、月に一度か二度は吐きます。
テンは、ほとんど吐くことは無いのですが、トイレの失敗は、よくあります。
なので、我が家は、よくタイルカーペットやコルクマットを洗っています。

コルクマットを一年使って、感じた事。
①洗うのが簡単で、乾くのも早い。
②ダイソンの掃除機で掃除するのは、マットが張り付いてしまう感じで出来ない。
ロボット掃除機だと、難なく出来、問題ない。
③コルクマットは、壁のぎりぎりまでぴったりと敷き詰めているのですが、
(↑こうしないと、滑ったりずれたりする)
その隙間に、ゴミ(毛やら埃やら)が溜まるので、たまにめくって掃除しないといけない。
④椅子の下など、動く家具の下は、痛みが激しく、NG。
ただ、我が家はダイニングテーブルの椅子の下に使っていて、一年くらいで、椅子下は張り替え。
椅子の出し引きが突っかかる感じで、使いにくい。
⑤モモテンがよくいる所は、よだれ等で汚れるらしく、洗っても、薄汚れてきて
この前、一部エリアを新しい物にしました。
⑥何度もマットを洗って取り換えたりしていると、マットのサイズ感が違ってきて、
連結部分に隙間が出来るような感じがする。


色々ありますが、臭いと洗う手間を考えると、コルクマットは我が家では継続です。

で、予備のコルクマットとかあったのですが、それも底をつき、
新しいコルクマットを数セット買に行こうって思って、買に行ったら、なんと、規格が変わっていました。
そんなことあり???

コルクマット1年2
つなぎの凹凸部分のサイズが大きくなっていたのです。
入れ替えなくてもいいと思ったところも変えることになり、プンプンしてたのですが、、
このつなぎ部分が大きいと、しっかりはまる感じで、使いやすいんですよね~。
今度は、多めにストックを買っておこうと思ってます。
多分、上記⑥の問題がこのサイズの違いで無くなってくるのかもしれません。


ちなみにタイルカーペットも新しい物にしました。
コルクマット1年絨毯
2012年3月以来です。
前回と同じく東リのAK350シリーズで、色を変えてみました。
前の色↓は、テンの保護色だったから、今回は、テンがよく見える(笑)。コルクマット1年絨毯2
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://earthenware.blog46.fc2.com/tb.php/454-757f402a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。