膀胱炎と馬尾症候群 
テンは膀胱炎を繰り返します。
夏場は、暖かかったからなのか、頻繁ではなかったのですが、
モモの診察の時、ついでに検査してもらったら、尿に細菌が混じってました。
そして、先週も膀胱炎にかかり、お薬10日間飲み、治りました。

ちなみに、テンが膀胱炎になると、トイレを失敗するので、ひどくなる前に
分かるようになりました。それと、おしっこの臭いがきつくなります。

そんな中、先生が色々と調べてくださり、
テンの場合、バビ症候群と関連が考えられるとの事でした。
(テンの症状のブログ→☆彡
レントゲンしか撮ってないのですが、腰の骨が先天的につぶれてる(先生の表現)との事。
そのために、足の神経が圧迫されて、歩き方座り方がおかしかったり、尻餅をついたりします。
その密集してしまってる腰(尾?)骨の神経の中に、膀胱をつかさどる神経も通っていて、
圧迫されていることによって、膀胱の動きがうまく連携取れてない為に、
膀胱炎になりがちで、そういうワンコの症例が多くみられるとの事でした。
馬尾症候群の症状の中に、おしっこのコントロールが出来なくなるとあるのですが
膀胱炎は、その前兆というか、過程なのかもしれません

Image_d64833a_convert_20171107194521.jpg


また、すぐに膀胱炎になるかもしれませんが、頑張れテンちゃん。
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://earthenware.blog46.fc2.com/tb.php/494-62117e84