スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
副作用 
5中旬、、あまりよだれを垂らしたりしないモモが、よだれを垂らしているのに気づきました。
ダラダラとではなく、タラ~~ンって感じで、気にならない位。
次の日の朝、お散歩中、なんとなく右側に傾いている気が…。
上唇もなんとなくダラ~ンとしている。
よだれも、ちょっぴりあり。微妙な変化・・。
病院に行き、抗生物質をもらう。
(なんと言われたか覚えてませんが、深刻な感じでは無かった)
夜、右にグルグル回りだす。ふらふらした感じ。数回吐く。
夫にすぐに帰ってきてもらい、様子を見てもらい、
次の日病院に連れていくことに。
(写真が無いのでイメージ?)
151201_203705_convert_20160922175309.jpg
三日目の朝、右に傾いた感じで、ふらふらとしか歩けず、嘔吐数回。
ご飯は食べれず、お水を飲むとすぐに吐く。
眼振はこのとき気づきました。
朝いちばんで病院に行き、多分前庭神経炎とのこと。
ステロイドを連日飲んでいるため、免疫機能が低下して
前庭神経(耳の奥の内耳にある体のバランスを保つための神経)が
細菌にやられたのだろう。とのこと。
(記憶が曖昧ですが、こんな意味合いの事を言われました)
ステロイドを辞め、抗生物質と吐き気止めと栄養を点滴していただきました。
4日目5日目とご飯が全く食べれず、上記と同じ点滴をしてもらう。
(お水を飲むと吐くので、お水は飲まさず)
ケージにずっと入れていたのですが、もちろん、しんどいからぐったり寝てました。
6日目ご飯が、少量ではありますが食べれるようになり、お薬が飲めるようになったので、
点滴終了。
ステロイドはいったん止めて、抗生物質を飲み続けることに。
吐くことは無くなりましたが、フラフラとしか歩けず、
右に傾いています。眼振もまだあったと思います。
体重は、3日目に病院に行った時点で、7.25キロ(涙)。


DSC_0479_convert_20160922180117.jpg
手と足の位置が微妙なテン。
モモはこんな寝かたしないんだけどなぁ。
ステロイド 
モモは、3月からステロイド治療。

モモは湿疹&蕁麻疹の時、症状によってステロイドの強め、弱めと二種類の
お粉をいただいていました。
分量内容は聞いてないのですが、
ステロイド治療を始めるにあたって、さらに強めのステロイドを飲むことになる
と聞いて、少しビビッてしましましたが、
飲ませることに。

5月くらいまで、おしっこはよくするのですが、特にしんどそうな感じもなく、
当たり前ですが、蕁麻疹、湿疹はすっかりなくなり、きれいな肌でした。
食欲旺盛ですが、そんなに太ることはありませんでした。
リンパのふくらみは、特に変化ない感じでした。


7.8キロ(4月16日)
160920_164748_convert_20160920181550.jpg
ちなみに、テンは9.05キロ(4月16日)
160920_164739_convert_20160920181646.jpg
テンは、足のためにも、ダイエット中。
現状維持が精一杯。


注)写真は本日撮ったものです
体重は、ほぼほぼ今の体重と同じ~☆彡

治療方針 
リンパ腫の組織診は、
モモの歯石除去の時にやっていただきました。

年齢も年齢なので、歯石除去しておいた方がいいなぁと思っていたのですが、
獣医さん曰く、そんなに歯石溜まってないけど、
全身麻酔での除去なので、そろそろやっておいてもいいかもとのことでした。
(モモ、今年で10歳)

それとは別に、下顎リンパ(首のあたり?)だけでなく、膝窩リンパ(膝の裏?)も腫れてきて、
気になりだした時期でしたので、同時にしましょうか、ってことでやることになりました。

IMG_3857_convert_20160919062553.jpg

結果は、高分化型リンパ腫でした。
高分化型だと、悪性度は低いものですが、やはりリンパ腫という字面が
心臓をえぐられる思いでした。

が、所見用紙をよくよく、よくよく読みますと、反応性リンパ節も否定できないと書いてありました。
モモは、皮膚が弱く蕁麻疹がよく出て、湿疹も出ます。定期的にステロイドを飲ませてます。
湿疹がちなわんこには、反応性リンパ節の場合もあるとのこと。
(ずいぶん前にネットで調べまくった事なので、記憶がうっすっらです)
とは言え、組織診の結果としては、リンパ腫・・・。

先生には、抗がん剤治療かステロイド治療を提案いただき、
抗がん剤治療は、悪性化を抑えることもあるかもしれない…的な感じで進められましたが、
夫との相談の結果、
ステロイド治療をすることにしました。

テンのバビ症候群(消去法での診断です)。
バビって馬尾だったのね~。
ブログ書くにあたって、バビって入れたら、馬尾って出てきて衝撃でした。
漢字・・・かぁ。
ネット情報によると、後々
痛みが出だしたり、排尿排便障害も出てくるのかも・・・とのこと。
公園でお友達とボールで遊ぶのが何よりの楽しみのテン。
様子を見ながら、遊ばせてます。
リンパ腫とバビ症候群 
久しぶりのブログです。

モモは、リンパ腫。
Image_4136fa9_convert_20160918105136.jpg

テンは、馬尾症候群。
Image_0410e07_convert_20160918104832.jpg


字面で見ると、泣けてくるけど、
今のところ、普通にご飯を食べて、普通にお散歩して
お昼寝してます。

モモは、
昨年11月くらいから、首のリンパの腫れ。
年明けくらいから足のリンパの腫れも触れるように。
組織診で確定したのが、今年の三月位?
抗がん剤治療も検討しましたが、
悪性度の低さから、ステロイド治療を選択しました。

テンは、生まれた時から、歩き方がモモと全然違いました。
なので、先天的なものかなぁって思ってます。
去年くらいから、後ろ足が脱臼したように力が入らなくなり
座り込むことがありました。
月に一度くらいだったのが、週に一度くらいになり、
4月くらいからは、一日に何度も、普通に歩いても
興奮しても足が抜けるように、座り込むようになりました。
ただ、痛がることなく、抱き上げて数秒で治ります。
先生曰く、脱臼ではなく、一時的にしびれて動かなくなっているのでは?
とのこと。(レントゲンで見る限りでは正常)
CT、MRIで原因追及することも、選択肢の中にありましたが、
結局、治療は手術またはステロイド。
痛みの無い今は、手術の選択肢は無いですし、
今後も、よっぽどのことが無い限り、手術には前向きには考えられないので、
原因追及は、せず、暮らしてます。
痛みがないので、今のところ、経過観察中。

そんなモモテンも、一日一度バトリます。
IMG_3839_convert_20160918113627.jpg

長くなりましたが、ボチボチブログ更新していこうと思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。